1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第29話 Director 同じ手

←第28話




グレンツ社で、創設者でありCEOのイアンが一線でやることはもうない。
大きな舵取りはするものの、優秀な部下のおかげで大部分はハンコ押し(もちろん現代では全てPCだが)ばかり。
毎日忙しく動いているのも関係省庁とメディアアピール・・・ただの看板役だ。

そんな仕事でイアンの生来のバイタリティが満足するはずもなく、
他の長者と結局行き着くところは同じで、南の島から戻ってからの彼は慈善事業にばかりかかっている。
s02-29 (7)
ゼロから作るというのは、やはり一番性に合ってる。
ダイアナがサンセットバレーに帰ってきた1年前位は、呼応するように片親の学生向けの奨学基金の設立をした。
今は何をしてるかというと。

「俺は美術関係はサッパリ分からねえんだよなー」

余計な見得張りはしないイアンは明るく笑う。
イアンの慈善事業財団では、いま大型の私設美術館を作ろうかという流れになっていて、その下準備をしていた。

「誰もあなたにそんなことは期待してません。だからプロを探しているんです」
s02-29 (9)
雪女の広報部長・佐藤真紀子が氷柱で一刺しをお見舞いしながら、
テレビと連動してるタブレットを叩いて、リストの最新ページを表示させた。
彼女はグレンツ社の最高広報責任者(CMO)を断った代わりに、財団の業務も背負っている。

「館長候補のリストに、候補者からの紹介で個人収集家の元でキュレーターをしてた人間も候補に追加しました」
「モネ、ルーベンスやら何やら・・・別に代わり映えしねえな」
「弟子の方だそうです」
「こういうのお前、観たいか?」
「知らない作品には興味がないです」
「俺は知ってるもんでも興味ねえな。ある一定以上の"お美術"に興味がある層じゃねえと行かねえよ。俺は行かねえ」
s02-29 (8)
どうしても商売っ気中心となるイアンは、自分を客の代表として考えながらストレートに言う。
しかし佐藤真紀子は、伝聞ながら異議を唱える。

「美術館というのは保存や補修の公共的な面、文化などの教育的な面もあるから、公共事業として見做されるんです。
 これは集客・利益目的の投資じゃありません」
「だから、この俺が買って集めてそれだけで満足しろってか?お前も行かないんだろ?」

大学の同級生でもある上司イアンには、真紀子が観るといえばケーブルテレビの昼メロくらいだと筒抜けだ。
逆にイアンも観るといえばニュースかスポーツであることを、真紀子もまた知っている。

「そういう企画の類は、こういったプロが考えればいいと思います」
「だから、"こういったプロ"が考えてる内容で現に俺が行かないから、そういう連中に任せても意味ねえっつってんだ。
 誰の弟子とか、どうでもいいんだよ。もっと俺らみたいな俗っぽい人間とか取り込めそうな奴いねーのか」
s02-29 (11)
「俗人なんていると思ってんの!?」

門外漢の自分達で美術館なぞ作るのが無理というのは最初から分かってる。
だから全て委任できる人間を探しているのに、その初手でずっと躓いていた。

「こういう人たちはみーんな築何百年のお城のギャラリーやら、すんごい美術館で働いてるの!
 紅茶片手にフィナンシェしか食べないの!コーラでマックとか食べないの!
 クラブでドンドコ踊ったりしてた、あなたの気持ちが分かると思う?朝はクラシックで起きて、カラヤンとか聞くのよ!?」
s02-29 (10)
手探りの中での長期間の躓きは、イアンにはある種娯楽でもあるが、優秀な真紀子は相当の屈辱のようだ。
しかし同級生・真紀子のキレっぷりは正直笑えて、
イアンも寛ぎ態勢に入って宥めるため口先だけは同調してやった。

「そうだよな。苦労かけてんのは分かってるよ、ありがとうな。
 確かに絵やら彫刻に詳しい奴が、フラフラとクラブには居なさそ━━━━」
s02-29 (12)
そこまで言いかけて、ばちん、とイアンの中で繋がった。
居るじゃないか、1人。
とっておきの審美眼持ってる、暇人で、"お美術"なぞ興味ないこの自分をよく知ってる奴。
笑えることに、出会った場所もクラブだ。







「よう、俺だ」
『どうしたの、あなたまだ仕事じゃないの?』
「お前暇だろ?ちょっと出て来いよ」
s02-29 (17)
『なあに?』
「俺のオフィスに来い、暇してんだ。美味いチョコもあるぞ」
『あら! 行くわ、行く行く行く!』
「アレックスはどうしてる?一緒に来るか」
『あの人は仕事よ、先週から食事以外はずーっと、おこもり中』

ってことは絵のほうか。
相変わらず彼女は、白い屋敷でぼけーっとしてたんだろう。
まあ、用があるのは旦那じゃなく彼女だから問題ない。

「じゃ、お前一人だな?場所が場所なんでな、ジャケットで来い」
s02-29 (16)
元々フットワークは軽い彼女は2つ返事で、15分で行けると宣言して電話を終えた。
イアンは訊かれる前に、真紀子に説明する。

「ダチだ。俺もすっかり見落としてたけどな、お前のおかげで思い出した。抜き打ちでそいつ試すぞ」
「へえ?あなたの友達に、何百年っていうお城で暮らして、朝クラシックで起きて、ガウン着ながらソファーで紅茶飲んじゃって、
 真顔で『カラヤンはいいね、君はどう思う?』・・・なーんて言っちゃう人がいるとでもいうの?初耳ですこと!」

そういや、そういう"いかにも"な奴も身近にいたんだった。
イアンは笑いを噴出した。

「そりゃ、そいつの旦那だ」
「どこの貴族よ!」
「公爵様だ」
「ハ!」
s02-29 (13)
完全にからかわれてると思っている真紀子は天井を振りかぶった。





15分後。
s02-29.jpg
言われた通り、ジャケットを羽織ってきたエリンはイアンの会社の本社エントランスに来た。
待ち受けていた彼の秘書に案内されるのは、当然CEOであるイアンの部屋。
到着するまでにいくつのゲートを通っただろうか、まるで迷路だ。

s02-29 (18)
その割に肝心のイアンの部屋は、現実的な広さ程度しかない。


「よく来たな」
「仕事中なの?すぐ帰るわね、チョコだけくれる?」

会社の人間である真紀子を見るなり、
エリンは半分冗談、半分本気でそう言いながら、いつものように親友としてイアンと挨拶のハグする。
そして礼儀として「素敵なオフィスじゃない」と彼の職場を褒めた。
s02-29 (20)

「エリン、こっちは佐藤真紀子。メガネの庸一のねーちゃんだ。広告宣伝と広報関係のことを任せてる」
「あら!庸一君の?」

紹介された佐藤真紀子の表情の少なさは、確かに似ている。

「いつもダイアナがお世話になってます・・・って、私なんだかダイアナのお姉さんみたいね」
「みたい、じゃなくて実際そうだろ」
「ダイアナちゃん?庸一の同級生だった子?」
s02-29 (29)
「ああ、そうだよ。ここだけの話だけどな」

エリンが嬉しそうに細かく頷いたとたん、真紀子の取り巻く空気がほぐれた。
まだ真紀子が実家暮らしだった頃、弟庸一の友人であるダイアナには当然会った事がある。

「佐藤、こっちはダチのエリンだ。エリン・ウッドヤード。・・・・・・・・・・・・ただの主婦だ」
s02-29 (30)
お前も知ってる、例の美術専門の元泥棒だ━━━━とは流石に紹介できなかったイアン。

そして"暇に任せた雑談"という体裁で、イアンは美術館をつくるつもりで館長を探してると伝えた。
当然エリンは大いに喜び、珍しくイアンを手放しで褒め称える。
チョコもコーヒーもやってきて、すっかりほぐれた空気の中。

s02-29 (24)
「興味あればどうぞ」と真紀子から軽く渡された、候補者リストを表示されたタブレットをエリンが受け取る。
うきうきのエリンがリストの名前に目を通し、
最後までスライドさせて人名だけ見終えると表情を曇らせた。

「これが館長の候補のひと全員?」
「・・・・何かあんのか?俺はそいつらから選ぶつもりなんだがな。あれば言えよ。本当にあれば、の話だけどな」
s02-29 (23)
いけしゃあしゃあとイアンがまるまる嘘を言うと、エリンはふふんと微笑む。

「あーら、そういうこと言うの。じゃあ、言っちゃうわよ!
 この人鑑定を間違えて、それで国立美術館への転職の話が無くなったのよ。候補から消したほうがいいんじゃない?」

エリンは『館長候補』を次々指差して、どこにしまっていたのかというような情報を話し出した。
『そんなこと、紹介してきた同業者は誰も教えてくれなかった!』と真紀子は内心憤る。
真紀子が後ほどエリンの指摘の裏づけと取るためにと、録音のためICレコーダーへ手を伸ばしたのをイアンは目で制した。

「・・・・」
s02-29 (28)
真紀子が不満そうに息を吐いたが、
エリンの過去をイアンは知っているし、彼女は見栄の嘘を言うような人間じゃないので時間の無駄だ。

エリンも喋る喋る・・・・ここまで熱く物を語るエリンはイアンでもそう見たことはない。
途中でイアンが促して真紀子が退出してからは、ますます歯に衣着せぬものとなった。
要するに結論は。

「ここに居る全員ダメねえ。学閥と横つながりのしがらみの人選としか思えないわ。
 現職についてないだけで、いい人も沢山居るのに有名どころに在職してる人しか入れてないし。ちゃんと探したの?」
s02-29 (25)
「の、つもりだったんだがな」

思ったよりも閉鎖的な業界ということだろう。
が、イアンとしてはもう自分の美術館館長候補が決まったので全く問題ない。
彼もまた結論を告げる。

「よし。お前が館長やれ」
s02-29 (26)
「・・・・なんですって?」
「現状ならその中から選ぶしかない。でもお前からすると、だ。俺の美術館は不合格になる可能性が高いんだろ?」
「不合格なんて言わないわ。きっと興味はないってだけよ。"普通そう"よね」
「もっとひでえな」

嫌いよりも悪いのは、無関心だ。

「やらない」
「まあ、とりあえず聞けよ」
s02-29 (36)
つーんとそらされたエリンの顎を、イアンは軽くとんと指先で促して自分に向けさせた。
そしてゆっくり、挑戦的に片頬を上げながら語りかける。

「・・・・・お前、本当にやりたいと思わないのか?
 この世に生まれたからには自分持ってる、自分しか持ってないもんだけで、この世に何かを残したいって。
 そいつは誰でもできることじゃない、お前が持ってる、お前だけが力を出して成し遂げられるもんだ。
 現にこいつは、この世界中でお前じゃないとだめなことだ」

エリンが全否定した『館長候補』リストが入ってるタブレットを指差して、イアンは「そうだろ?」とダメ押しする。
彼女の矜持と、人間が根源で持ちえている承認欲求を最高にくすぐりながら惹き込む。
s02-29 (38)
「"合法的"にお前のコレクションが揃えられるってことだぞ。必要な金は出してやる。
 しかも昔みたいにしまいこむんじゃない、世界中に自慢していいコレクションだ。どうだ、やってみたいと思わないか?」

その誘いに、エリンはかなりそそられた。
欲求にだけ忠実に美術品を盗んで回ったエリンの中に、ずっと強制的に眠らせていたものが熱く駆け巡る。
だけど。

「だめよ。いつ私が捕まるか分からないのよ?友達ならともなく、あなたの仕事や会社まで巻き込むことはしたくないわ」
s02-29 (40)
「ほう。じゃあ、ダイアナと一緒に住んでるのに、巻き込んでないとでも思ってんのか?お前らは」
「・・・・ダイアナは何も知らないで『下宿してた』ってことにするって決めたの。戸籍上は他人だし、現に何も知らないわ」

今まで不思議と突いてこなかったことに、とうとうイアンは触れた。
エリンたちは、今でも抜け目なく警察・公安関係に情報網を広げてはいる。
盗品が持ち主の元に戻ったせいで、捜査の優先順位は相当下となり、エリン達に捜査の手が伸びることはおそらくない。
でもイアンと未来のダイアナとの関係を知った今となっては、・・・イアンの指摘は何よりも重い。

「でも、ごめんなさい」
「・・・責めてるわけじゃねえよ。お前達も、捕まらないって算段がついてるからダイアナを家に入れてんだろ?
 あいつのことでお前達が適当なことするわけないからな。
 でも万が一ってのもある。・・・・その賭けにダイアナが知らずに乗ってるなら、この俺も乗ってやるって言ってんだ」
s02-29 (37)
それはエリンがよく知っている、非常に『イアンらしい』、
とっても遠まわしで、とってもかっこつけな、ダイアナへの愛の表明だった。
さらに畳み掛けて、相変わらずの口の上手さでエリンをビジネス的に口説く。

「万が一、お前が捕まったとしてもだ。
 一時的に美術館も俺も捜査対象になるだろうが、合法的にやってりゃ全然問題ない。むしろ宣伝になる。だろ?」
「ちょっと。まるで捕まってもいいような口ぶりじゃない?」
「心配すんな、言ったろ?もしお前が捕まるっていうなら、世界中から弁護士でも、軍隊でもかき集めて守ってやるって」

かつてのエリンへのプロポーズの言葉をそのままイアンが言ったので、
聞き間違いかとびっくりしたエリンが振り返る。

「・・・何?」
s02-29 (41)
イアンはにやりと笑いながら言う。

「この約束はまだ有効だからな。アレックスも入れておいてやる。ダイアナの兄貴じゃ入れないわけにいかねえしな。
 で、返事は」
「・・・・・」
「おいおいおい。お前、また断るつもりか?いい加減にひとつくらいはイエスって言えよ、可愛くねーな」
s02-29 (43)[1]
とうとうエリンは声を上げて笑って、同時にイアンも自分の物言いに気持ちよく笑った。
約束した通り、かつてのプロポーズのことは話題にしてこなかったのに、
とうとうこの話題すらも茶化して笑える日が来るとは。

「全部お前に任せる。好きなもんにしろ。条件は1つだけだ、この俺が通いたくなるようにしろよ」
「あなたを?!」

これぞ嫌いよりも無関心の方が悪い、の典型だ。
気持ちのままエリンはおぼろげな構想を考え出したが、自分を制するために慌てて首を振った。

「アレックスに訊くわ。開館するまで、あっちこち飛び回ることになるもの。あの人が家に居て欲しいなら、私もそうしたいわ」
s02-29 (44)
「ああ、よく話し合えよ」
「? アレックスが決めるのよ?
 だってアレックスは私の為に絵の道を諦めてたんだもの。あの人がまた絵を描けるようになるまで待つのは、当然でしょう?」

話し合い、でもないのか。

「ほう。ま。お前がいいなら何でもいいさ」
「? ええ、もちろんいいわ」
s02-29 (22)
安請け合いできないってのは分かる、当然だ。
アレックスのヤキモチ程度の軽いことなら、
相変わらずの調子でエリンもかわしてはいたから、てっきり同じように対等に話してみせるのかと思いきや、
明らかにやりたがってるくせに、こういうことに限って旦那が決定を丸投げだと?

エリンという人間をしってるからこその強烈な違和感の直後に、
直感的にイアンにはぴんと来た。
s02-29 (43)
エリンはアレックスへの愛情のなかに、強烈な罪悪感を混ぜこんでしまってる。
自分のせいで彼を3年も絵から引き離して、研鑽してきた才能を鈍らせるようなことをしてしまったんだから、
━━━━ 自分はもう彼のために生きるべきなのだと。
芸術を愛する彼女にとっては、その後悔はとてつもないものなのだろう。

それから解放してやれるのは、当然世界で一人しか居ない。
問題はそいつがイアンからすると「鈍い」というところだ。








夫妻は毎晩ほぼ必ず一緒に入浴するので、2人だけの話はそのときにすることが多い。
長居することも多いので改装して椅子まで置いて、のぼせやすい夫はそこでよく寛ぐ。

「イアンが美術館?それはまた随分・・・思いきったことをするね」
s02-29 (46)
柔らかい表現だが、つまり相当ありえないということだ。イアンが美術館を持つなど、アレックスがボクシングをする程ありえない。

「裏があるとでも思う?私の妬きもちやきな旦那さんは、これにも妬いちゃうかしら」と、エリンが挑戦的に尋ねる。
「まさか。今更そんなことはないよ、奥さん。もう何年も彼とも一緒にいるしね、今はいい友人だと思ってるよ」

心からそう思うので、アレックスはきっぱり否定して汗を拭う。
その答えに、エリンはにんまり笑った。

「"今は"?」
「初対面の彼は本当に・・・・っていうのは、内緒。それより開館するまでは、どのくらいかかるかな?」」
s02-29 (47)
土地は決まっているから、・・・とエリンが頭の中でこれからの工程を考える。

「とりあえずは2、3年かしら?」
「・・・やりたい?」
「ええ」
「うん、ならやればいいよ。好きなことをしていいんだから」
s02-29 (48)
事も無げにあっさりとアレックスはそう言って、再び湯船に戻ってきた。

「・・・・寂しくない?」
「うん?そりゃあ寂しいよ」

アレックスが当たり前にそう言ったので、エリンも当たり前に宣言する。

「じゃあやらない」
「え?」
「やらない」
「? そう。奥さんがいいなら」

良くも悪くもはっきりしているこの妻の決断が、
何かに曲げられているはずがないと思い込んでいるアレックスはそうして話題を終えてしまう。
s02-29 (45)
そしてイアンの危惧したとおり、エリンは自分の気持ちから目を逸らしたまま即日断りの連絡をしてしまった。








フランスの秋の連休初日の深夜。
家には『家出じゃないけど、ちょっと旅に出ます!』とメモだけを残し、ミシェル・デュボワはフランスの国際空港にいた。
s02-29 (1)
深夜便すぎて空港の店はどこも閉まって、人影もほとんどない。
まあ、空港の高めの食べ物を買う余裕はちょっとないから、いいか。

それよりも毎月買ってる、この高級ファッション誌のほうが、・・・モデルで女優のアデルの特集の方が大事だ。
いつかヘアメイクの業界に入りたいミシェルには、彼女は1番の憧れ。
s02-29 (4)
教科書を読むのは大嫌いだけど、ファッション誌とゴシップ誌なら覚えられるほど読み込める。



━━━━アデル、ご自身のお名前のブランド『AdeLe』のフレグランス『tropical footsteps』が
発売からわずか1年で世界売り上げ800万本を突破したね。おめでとう。

アデル(以下、ADL)「どうもありがと」

━━━━洋梨という果物を基調とした、世代に関係なく支持された人気のフレグランス&バスシリーズ。生まれたきっかけは?

ADL「香水を作るって話は出てたから、最初は出来たやつから単に選ぶだけにしようと思ってたんだけど。
   2年ちょっと前にサンリットタイズで、・・・・やることないのは暇だっていう"変わり者"の友達がね、
   自分で作ってたの、色々な匂いの石鹸を。で、そいつと一番気に入ったやつでさ、基調に香水を作ることにしたんだよね」


━━━━・・・友達。

ADL「あんた、あたしに友達が居たのかって顔に出すぎ」(アデル、記者の足を踏む)

s02-29 (2)

━━━━ 痛ッ ・・・ワオ、いい靴。秋冬の新作?(アデル笑い、頷く。スタッフ一同笑)
失礼。でも私以外にも驚く人物は多いと思う。あなたのプライベートの友人の話、というのは非常に珍しい。
そして、あなたのブランドにビジネスパートナーがいるというのは公式には出ていない。どんな方?

ADL「別にパートナーなんかじゃないからね。全然フツーの、ただの一般人。
   ロイヤリティ半分やるつったら断るし・・・・純粋に友達」


━━━━『tropical footsteps』シリーズの売り上げ全てが、ミクロネシアの島々のゴミ問題解決のために
全額寄付されているのも、そのお友達との相談の結果?
数々のセレブブランドはありますが、この規模の慈善事業は世界の芸能業界でも指折りで、
あなたの活動は国の誇りだと首相にもコメントされていた(一同拍手)

ADL「・・・・最初に言っとくけど首相となんか寝てないからね。ちゃんと書いといてよ」(一同笑)
ADL「相談の結果、なんてことじゃなくね。
   そいつがホテル敷地外の現地の祭りに行きたがったらしくてね。気になったんだってさ。
   そうしたら、このあたしだって受け取れるわけないでしょ?ムカつくし」

s02-29 (35)

━━━━その一般人のご友人。あなたとそこまで仲がいい人物なのに、報じられたことはないはずだ。
お子さんのシッターとか回りの方?

ADL「こっちは忙しくて自分の旦那にもまともに会えてないくらいだし、会ったのはもう2年前か。
   暫く会えないっていうのは言われてるしね。・・・・あいつも檻の中にでも居んのかも」(一同笑)
ADL「今のは冗談。そんな奴じゃないから」



特集にはそんなインタビューと、あと彼女の現在に至るまでの幼少期からのストーリーがあった。
しばらく文字だらけの記事を読みこむ。
s02-29 (3)

「おっ!」

文字の後はアデルファンのミシェルとしては永久保存版にすべき、様々な過去の軌跡のフォトが掲載されていた。
アデルと『あの世界的な大富豪』との物も入ってる。
数年前━━━まだミシェルが小学生の頃、数分でネットで即完売したチャリティーカレンダーの写真。

(イアン・グレンツだ)

いかにも"ラテン男"って感じだ。
ちょっと顔が不満げなのは、胸元に書かれた『エゴイスト』っていう罵り文句に合わせてるんだろう。
モデルかよ!っていう位のカメラ目線とポーズは、自分の魅せ方をよくよく分かってる。
s02-29 (33)-3
撮影当時、アデルの現場での突然のアイディアで自分の胸に『エゴイスト』って口紅で書かれたのに、
当のイアンは怒ることもなく撮影に臨み、その写真の使用にもGOサインを出したと書いてあった。

(へー、やるじゃん!この顔で金持ってるなら、モデルとヤリ放題だよなー)

最近は髪を長くしてるけれど、この当時くらい短い方が嫌味がなくていいのにとミシェルは思う。
お偉い社長なのに、今の長髪じゃ色気出しすぎだし、最近ゴシップもないんだから本人は真面目路線行きたいんじゃないの?
s02-29 (34)
あーあ。
自分なら、絶対短いほうがいいって勧めてあげるのに。






「ご案内申し上げます。ラマ航空452便サンセットバレー行きにご搭乗のお客様は24番搭乗口へ━━━━」
「おっと」
s02-29 (6)
海を超えてサンセットバレー行きなんて、まるで自分もセレブになったみたいだ!
といっても中学生が買えたのは、こんな深夜の激安エコノミーだけど。








そして数時間であっという間にサンセットバレー。
s02-29 (60)
ここでのミシェルの唯一のツテとして頼っていたアンドリューは、急用で帰れそうもないと電話してきた。
夏にブリッジポートでメアド交換してからアンドリューとメールはずっとしていて、
ミシェルは自分の身の上は隠しながら、彼から色々聞いた。

アンドリューが人間みたいなのにシムボットで、"お母さん"は大学の教授をしてるハタチとか。

そして。
s02-29 (59)
アレクサンダー・サウス━━━━じゃなかった、アレクサンダー・ウッドヤードの家に住んでること!!
アレックスの所在をどうやって知ろうか悩んでいたミシェルにとって、これほど嬉しい情報はなかった。
住所も聞いていたミシェルは、直接彼らの家に行ってしまうことにした。

中学生らしく勢いだけで決めたものの、やはり指が震える。
が、ドアベルを鳴らしても誰も出てこない。

いつもなら対応する妻エリンは、
早々にイアンに『マジで断る気か、てめえ。ツラ貸せ』のランチに呼び出されて不在。
室内ではおこもり中のアレックスが"入り込んで"いた。
s02-29 (61)

ミシェルは2回、3回とベルを鳴らし・・・・・すぐに連打に切り替えた。
キンコン!キンキンキンコン!キンコン、キーンコーン、キンコンキンコン!!!!
キンコンキンコン!キンキンキンキンキンキンキン・・・コンキンコン!

それには流石にアレックスも集中が切れてしまい、珍しく苛々に満ちた溜息をついて、玄関へと向かう。
s02-29 (62)
てっきり無礼な初対面の宅配業者かと思ったら違った。
子供だ。
金髪に、びっくりしたように見開かれた綺麗な緑色の目の子供。
反射的にアレックスは「エリンみたいだ」と思い、苛々をしまいこんで優しく微笑んだ。

「こんにちは。何か御用かな?」
s02-29 (58)
「・・・・・・!」
s02-29 (54)

目の前の訪問者が感激したように口を震わせモジモジしているので、
「"元公爵"の家だと知らなかったのかな?」などとアレックスは暢気に思う。
そして前触れなしに、大興奮のミシェルは機関銃のようにフランス語で捲くし立て始めた。

「!?」
s02-29 (56)
アレックスはフランス語はできない、・・・が、そんな彼でも一つだけ聞き取れたフランス語の単語があった。
途端にアレックスは動揺しまくって、一歩後ろに下がる。

「き・・・君、は?」
『名前!?アレックス、ミシェル。名前はミシェルだよ!』
「・・・・・ミ、シェル、ミシェル?名前、ミシェル、というの、か、な?」

・・・・これが父親の声なんだ。
ずっと聞きたかった、自分に向けられた、自分の名を呼ぶその声をミシェルは生まれて初めて聞いた。
泣くなんかわけないと思っていたけれど勝手に目が潤んで、鼻の奥が痛い。
s02-29 (53)
涙なんか見られたくない、けど。

『アレックス・・・』

ミシェルは涙が零れるまま、固まっているアレックスの胸元に崩れこむ。
大人の男の人に抱きつくのも生まれて初めてだ。
s02-29 (66)
しばらく若い嗚咽が響いて、アレックスは途方に暮れた。
見知らぬ他人なら引き離すが・・・この子はまさか。

そしてアレックスは気圧されるまま後ずさり、壁に寄りかかった途端に膝から力が抜ける。
2人とも床にしゃがみこむことになってしまって、
鼻を赤くしたミシェルは『驚かしちゃったよね!』とフランス語で笑いかけながら、彼の手と自分の手を並べる。

『ね、同じ手だよ。ママの言った通り、ちゃんとパパにそっくりなんだね』
s02-29 (52)
特に関節のかたちと、爪の形。明らかに血縁があると・・・遺伝があると分かるほど、瓜二つ。
全く同じ手だった。







→第30話


関連記事

Comments

りぐさん遅くにこんばんは^^
クリスマス休暇お疲れ様でした~(笑)
年内にお話の続きが更新されて嬉しいです!こちらもお疲れ様&ありがとうです!

佐藤真紀子さん!好き!この庸一君のお姉さん好き!(゚▽゚*)
どんな話の流れなのかと読んでたら...なるほど!美術館の館長をエリンに!
これは私的になんだか嬉しい提案だったよね!
何故かというと、エリンは才能豊かな才女だと思うからね、アレ様の良き妻としてお家に居るだけというのは
非常に勿体無いとも思うし、エリンの好きな事をもっとやらせてあげたいという想いがあるんだな。
エリンの過去があるから余計に。。。
話が先走っちゃうけど、エリンとしてはアレ様に結論を一任しちゃうっていうのがまた...くるよね!
その辺りはまた後ほど語るとして...ジャケットの下のお胸が!お胸が!////エリンしてるぅ~ヽ(*゜∀゜*)ノ
...なんてアホな事いってる場合じゃないwww(反省)
イアンとエリンのやり取りがいいわぁ~(*^ワ^*)実は...この二人の掛け合いというかシーンに
密かに萌える私なのです。思い出すよね、二人の...イアンのかつての恋を!!!

>「心配すんな、言ったろ?もしお前が捕まるっていうなら、世界中から弁護士でも、軍隊でもかき集めて守ってやるって」
から~の
>「おいおいおい。お前、また断るつもりか?いい加減にひとつくらいはイエスって言えよ、可愛くねーな」
に!萌え転がったよね!!!何この甘くて切ない思い出/////
今はお互い心から愛する相手が居る訳だけれども、あの頃のイアンは...切なかった><;;たまらんかったよ!お母さん!
そしてこれだ。
>エリンはアレックスへの愛情のなかに、強烈な罪悪感を混ぜこんでしまってる。
そうなんだ!そうなんだねー!だけどアレ様はそんな事を喜びはしない。(断言)
でもそうだ...「鈍い」んだ(´∀`;)

キタよ!二人一緒の(一緒の?!///)風呂シーン!(∩゜∀`∩)キャ━━ッ!!
ええ、ええ!この夫妻の結婚後の甘々なラブラブなシーンが見たいと言ってましたよ私ぃ~@^▽^@
ちょっとお話に浸る前にサービスカット(主にアレ様の)を堪能させて下さい!(恥ずかしいやつw)
もー///アレ様ったらいくら奥さんの前だからって腰タオルも巻かずにそんな...足開いて座っちゃt(自重)
巻き髪がお風呂でストレートになってるエリンも色っぽくて可愛くてたまらん!!
んで、いちゃいちゃ始まっちゃう二人かよぉー!///のぼせちゃうぞ!のぼせちゃうぞ!///
くそうwww羨ましいなエリンwwwwwww←

―なんてアホな事言ってる場合じゃ(二度目)
ここでも過去のアレ様、イアン、エリンの事が蘇るよね。こういうのもファンとしては嬉しいよね。
今は本当に良き友人だもんね^^
館長をやればいいよって言ったアレ様が素敵(*´ω`*)エリンに対してもっと過保護な位かと思ってたから意外で素敵///
流石私の心の君、アレ様(。→∀←。)
だけどエリンがアレ様の「寂しいよ」の一言で「やらない」ときっぱり言っちゃったのにもビックリ!
やはり自分の気持ちよりもアレ様の気持ちを優先するのかー><なんて健気な...
イアンの言うようにそこには罪悪感があるからなんだろうな...(´・ω・`)素敵だけど切ないな。。。
そこをアレ様が気付かなかったのはしょうがない。
『マジで断る気か、てめえ。ツラ貸せ』のランチでイアンに任せた!イアンちょっと頼んだよ!!!

アデルの香水話もキタねー^^エゴイストも懐かしいね!
ミシェルの言うように、イアンは短い髪もやんちゃ臭さやワイルドさがあって私も好きだな♥
今の長めの髪も大人ぽくってセクシーで好きだけどね~♪つくづくイアンを見る私の目が変化したなって感じるな。
第二シーズンでのお母さんの思惑が成功してますよ(^∀^)イアンは優しくて頼れるいい男だよ!
そして実は脆い所もある可愛い男だってね・・・♥

ミシェル!アレ様と二人きりで対面!!
ミシェルの手はパパにそっくりなのか・・・
この部分に関しては、次回明らかになるまでは何も言うまい。(予想が外れてたら恥ずかしくて私暫く消えますw)
アレ様とこのお話への愛が深いので(ドヤ顔)、多分間違いないっ!(ドヤ顔)けどね^^

いや~、今回は私的萌えポイントを突きまくってくれちゃった回でした!
萌えポイントというか...キャラ同士の嬉しい掛け合いっていうのかな?
イアンとエリン、エリンとアレックス。過去からのそれぞれの想いを思い出させてくれる素晴らしいお話でした!
ジーンとしたよ!!!みんな大好きだぁー(´▽`)
そして次回もめちゃくちゃ楽しみ!

年末ご挨拶記事があるのか分からないのでここで一応のご挨拶をさせてもらいますね。
今回で今年の本編更新は終わりですね。今年一年お疲れ様でした!素敵なお話をありがとうございました!
りぐさんといっぱい楽しく交流させてもらえて嬉しい一年でしたよ^^
来年もストーリー楽しみにしています。そして来年もよろしくお願いします!
良いお年をお迎え下さい!(ご挨拶記事があったら同じ事を言いますwww)
ではまた~☆
りぐさん、こんにちは~!年内更新こないのかな~?って毎日覗きに来てたrから(最早ストー○ーの域w)お話が見れて嬉しい^^超個人的な事情になっちゃうけど、今日までしかPCいじれなかったからそういう意味でも嬉しいよお~^^

ストーリーに行くまえにまず!TOPSSがエロかっこよすぎるんですが///
着物がっ・・・・は、はだけておりまする~~~ww
イアンのセクシーな肉体美&視線にがっつりハートを持っていかれましたw
金箔のような加工もとっても綺麗だね^^りぐさんのSSはもともと綺麗だけどこうして私には想像も付かない美麗な加工を見せてくれるから毎回楽しみにしてるんだあ^^

>「俺は美術関係はサッパリ分からねえんだよなー」
イアンのこういう変な見栄を張らないところ好きだな!仕事への自信が裏打ちされているからこそ素敵に見えるんだろうけどねw
庸一くんのお姉さんの真紀子さんってめちゃくちゃ仕事ができそうなんだけど
どこか可愛らしい感じがするんだ。
>紅茶片手にフィナンシェしか食べないの!コーラでマックとか食べないの!
こういう発言をあのイアンにズバズバできちゃう辺り素敵だわあ~^^
美術館の館長、イアンが思い当たる人を想像してたとき「アレ様かな?」とか思っちゃったけどエリンだったか~!確かにそうだよね!元々彼女は美術品を盗むお仕事やってたわけだし、下手な専門家より審美眼があると思う!
それにその才能を家庭だけに埋もれさせるのは勿体ないっていうイアンの想いも感じられて、男女の関係はないけどわかりあえていていいな~って羨ましくなっちゃいました。
二人の会話もすごく好き^^
イアンは本当に人を見る目というか、人の気持ちを見抜く力があるよね。だからこそここまで会社が大きくできたんだろうけどね!
エリンがアレ様に感じている罪悪感を見抜いちゃうのはすごい。
でもそれと同時にエリンのアレ様への気持ちの深さを感じちゃいました。

夫婦一緒の入浴シーン!!
アレさまあ~!!なんと大胆なポーズ///
エリンからの視点でアレ様を見たいっ(ちょwwww)
興奮のあまり草をはやしすぎましたねwすいませんw
>私の妬きもちやきな旦那さんは、これにも妬いちゃうかしら
こういう間接的な言い方ってとっても可愛いと思うんです^^エリンの気使いも垣間見えたり。
アレ様は快く館長の仕事を承諾してくれたけど、「寂しいよ」の一言で
仕事を断っちゃうとは!そんなところも二人の愛・互いを思う気持ちを感じられたんだけど、エリンは本当はやりたいんだよね。。。。?
このままでいいのかなあ~><なんて私が未練タラタラです(笑)

アデル様の香水はどこで買えますか?観賞用と使う用に5本ほど購入したいのですがっwww
以前のTOPSSから貴方に惚れてましたっーーー!(告白シチャッタw)
洋梨の香り・・・うーんかいでみたい~!
ソープと洋梨ってあるからフレッシュで柔らかい感じがするけど、きっとアデル様の意思の強さを感じられるようなウッディ系のラストノートが印象的に香るに違いない!!っとフレグランスマニアが勝手に想像してしまいました(笑)

アレ様とミシェル、ついに二人きりでのご対面だね!!
>・・・・これが父親の声なんだ。
す、すいません・・・。私本当に鈍い&頭の回転が悪いのでミシェルちゃんの言葉の通りにとっちゃうんですが><
アレ様がパパってこと??!えーw-えーwどういうことなのお?!
うわあああ><続きは来年かよーっチッ←www
早く続きが見たい!更新楽しみにしてます^^

今年最後のコメントになってしまうと思うのでご挨拶を!
今年一年仲良くしてくれて本当にありがとう^^
りぐさんの素敵なストーリーと美しいSSを毎回楽しませていただきました^^
来年もまた頑張っていこうね♪
ではでは良いお年をお迎えください^^
こんばんわ~
イアンの仕事姿は本当にかっこよくて素敵だわ~!
美術関係が好きな人って、優雅に朝クラシック聞いて~・・・っていう
イメージたしかにあるね!カラヤンwwそうそうww
この話の流れで思い当たる人物って言ったらエリンしかいないねw
クラブで出会ったしね爆笑 あの事件を思い出すけど(笑

毎回思うけど、実は建築や内装がとーってもお上手だよねぇ?
本当すごくて、よく出来てる!
羨ましい限りですよ><

エリンの館長ってのは、私は本当にやってほしいと思うの。
やっぱりそういうの、やりたい事はやらなきゃだめだと思うのよね~
罪悪感か・・・・。
そういうのがどこかに眠っていて
表に出してないだけなのかー
そう考えるとさ、エリン・・・;;過去の行動が
ずっと付きまとうし、それを考えると後悔ばかりが出てきちゃうけど
やりたい事は、やってほしいなぁ。
アレックスもきっと・・・そうだと思うんだけどなぁ。

イアンの誘い文句がプロポーズと同じってのもまたイイなぁ。
もうアレは笑い話になるくらい経ってるんだよねぇ。

はいきた!
おっと。りぐさん、年末に半裸晒すとか
あなたヤヴァイね!
アレックスも、ワザとか!?
その足を持ち上げるの、左足持ち上げたらxxxがエリン丸見えでwwwちょwwww
みたいなねwwww
私ならガン見するんだけども、さすがにエリンは見ないかwww


アデルの記事も南下リアルーに作られていて
読んでて面白かったですww
あるある!そうこんな感じだww
普通に雑誌読んでる気分だったよ^^

アゴイストSSもなつかしいねぇ。
短い毛のほうが人気なのかな?私は今くらいがいいなぁと思うんだけどね。
そしてミシェル!
今フルハウスやっとシーズン7まで行ったよwwww
ミシェルのパパがアレックスね。
ふむ。私の予想はどうかな?考えてるんだけどさ~
違うかなwwwww
人波乱が起きそうですね!
真相は来年の更新ですかね!?楽しみー^^

今年は本当に楽しませていただきました!
エロ爆発で来年も走っていきましょうよ!
良いお年をお迎えください!風邪ひくなよー!ww
こんばんは!ストーリー更新待ってたよ!
うおお、庸一のお姉さん!いずれは私のおねえさんになる人ですね!?(全然違うw)こうやって見ると前からだけど、庸一と似てるよね。髪の色とかよりも目元なのかな?あのスッとした顔立ちが姉弟って感じするよ!そして出来る女というのもそういうイメージあるある

美術館!相変わらずりぐちゃんの知識はすごいなぁとお話を読みながら思ったよ。こういう美術系だけと限らず、文字にしてキャラに喋らせられるって頭良いんだろうなって思う(笑)あとは文才だろうなぁ
イアンは今回の話あまり乗り気じゃなかったみたいだけど、エリンの事を思いだしてからは絶対やる!って感じの絆のようなものを感じたよ

エリンは本当、ある意味なんでもできるパーフェクトな女性だからアレックス様と一緒にお家にいるのは勿体ないよね。おまけに今回はエリンの興味をかなりそそられる話だったみたいだし、是非やってほしい所だよ

チョコにつられてやってくるというのも面白いけど、来てそうそうチョコだけもらって帰る発言に仲良しだなぁと思ったよねww
>紹介された佐藤真紀子の表情の少なさは、確かに似ている
これは物凄い、彼女を表した表現だなって思った!そうなんだよね、表情が少ないんだよ、庸一もね!そういう意味では庸一も真紀子さんも好きな人の前だと普通の人よりは少ないながらにかなりの笑顔とデレ具合を見せてくれてるよね☆

いや~、こうやってエリンの能力が発揮される所は見てて爽快だよね!真紀子さん達が一生懸命にやって来たことを資料を見ただけで判断つくんだもん、相当だよ
そりゃイアンもエリン以外いないだろうと思うわ!おまけに合法的に好きな物を集められるんだからエリンもかなり揺らいだだろうね。しかしアレックス様~!分かるよ、本当分かるんだけどここはエリンに是非やってもらいたい~(>_<)

き・た!!入浴シーン!!不二子ちゃんばりのセクシーなエリンにドキドキしたけど、それ以上に旦那さんの股間の方に目がいってごめんなさい(笑)だって、もう夫婦だから良いかもしれないけどさぁぁ、少しは隠してよぉ///でもこの二人はこういう感じなんだろうねwwだって、毎晩一緒にお風呂入るって歯を磨くのと同じ感覚だよ、きっと(笑)

アレックス様もエリンのやりたい事を優先してあげたいけど、ここは二人の関係だなぁと思ったよ。お互いに大事にしあってて、決して束縛してる訳じゃないんだろうけどね…今後の展開がどうなるのか楽しみだぁ

アデルとイアンの記事は二人の似た部分が出てるよね(笑)イアンもプロ意識が高いからやるなら本気で!な感じなんだろうなぁ
髪の短いイアンと今のイアンじゃまた違うけど、私個人では今の方が髪をかきあげられるといオマケ付きで好きだよ☆

ミシェルとアレックス様のターンきたぁぁ!ドローする前にアレックス様の小さな怒りに驚いたよね!本編でそういうアレックス様が怒る(ムカツク?)ってほとんどないだろうし、彼の人間らしさを感じたよ
うおおおお!ミシェルはやっぱりアレックス様の!!ここは予想はしてたけど、いつも良い意味で裏切られてきたからなぁw
ふと思うけど、ミシェルはどういう経由でアレックス様の事を知らないんだろう…
ほら、今のミシェルは未来から来てる事になるのかな?って事は未来ではアレックス様どうなってるの!?何だか嫌な予感とかするけど、大丈夫だよね?

いや~、今回も楽しませてもらったよ!年内もあっという間だったね
ワタシは何気にPCする時間はあるはずだから、お家の人さえ邪魔してこなければ普段通りだ(笑)
ではでは、良いお年を~☆
miruさんへ
miruさん、こんにちは✦そう、クリスマス休暇とか(;--)そしてまた週末~
今日は大掃除切り上げて出かけてる間にPCできています
クリスマス準備に加え年賀状を度忘れしていたせいもあって正直疲れました!(あれ?一部自分のせいじゃね?w)
更新も大幅に開いてしまったのに、嬉しいだなんてありがとうございます、本当に嬉しいです///

真紀子さん出ました(笑)私もイアンの友達じゃないけど仕事のパートナー的位置づけの彼女が好きです❤
彼女の恋愛についても別で番外編でちゃんとやろうと決めました(予告です:おおおおお!)時期は未定ですが!✦
エリンが家庭に入って~というのも勿論幸せな形のひとつだとは思うのですが、あのエリンですしね(*´∀`*)!
『いいと思う!(けどエリン変わっちゃったね』の体で来てましたが、前フリでした~(笑)
そうなんです、本当に自由になるっていうところに彼女にはちゃんと行ってもらいたいと私も思います!
ジャケットは勿論、ああやって着ちゃうのがエリンですよ!(爆笑)

>実は...この二人の掛け合いというかシーンに 密かに萌える私なのです。
>思い出すよね、二人の...イアンのかつての恋を!!!
もはや懐かしい、とうとう前シーズンが完結して1年超となっちゃいました!
時々作業の関係上(セリフコピるとか)過去の話を一部確認しに読むのですが、勿論恥ずかしさが1番ながら、
本当よくここまでイアンは来たなー・・と書いてる私。正直滾ります(これは親ばか!:爆笑)
完全当て馬でさ・・・アレックスは美味しいところ取ってさ・・(;0;)不憫...

かつてのプロポーズをここで言わせるっていうのも、
ずーっと温めてきたので!!萌え転がっていただけてすっごくすっごく嬉しいですよ!!!/////
あの時点で既にイアン×ダイアナは決まってましたし!(ホントひでえwwww)

エリンの罪悪感、言ってることやってることは夫への愛や思いやりともとれるけど、
『待~つ~わ♪』って昔の流行曲みたいなのは彼女らしくないと思うんです( ´v`)
>だけどアレ様はそんな事を喜びはしない。(断言)
仰るとおり、そもそも『生きる目的を見つけて自由になってほしい』と心から願って、前シーズン彼は一度去った訳で!
・・・が、そうです。内面では繊細な感性がありつつ、周囲にはどこか鈍い夫です(笑)

アレックス夫妻編なので、夫妻の日常習慣(という名のサービスシーンwww)も入れました!
最初はない予定だったのですが、なぜか手が勝手に(深刻な顔)
>もー///アレ様ったらいくら奥さんの前だからって腰タオルも巻かずにそんな...足開いて座っちゃt(自重)
ここ、結構重要ポイントです(笑)そうそう、アレックスが唯一衣服なしに寛ぐ数少ない瞬間ですよ~
柔和だけれど中身が女性らしいわけではないのでタオルなんざで隠しませんよー(・∀・)ニヤニヤ
お察しのとおりイチャイチャ始まりますね~、ある種そのために湯船広くしたよね?と受け取ってもらえたら嬉しいです。
miruさんのアレックス愛wwww今年も本当にありがとうございましたwww

過保護なアレックスだけれど男として他の男に妬き易いけれど、
前述の通りエリンの人生を縛りたいわけじゃないから、やりたいことなら意外に「やればいいよ!」なんですよ~。
でもこうオープンにオッケーされて、でも寂しいと素直に言われると、
その方が「あっ><;」ってなっちゃうこともありませんかしら?(私だけかな?捻くれてるっ!?:笑)
イアンがどう出るか・・・出れるのか?!次回、爆弾ミシェルが夫妻を引っ掻き回すこと確実ですし(゜∀゜)ティーンコワイ!!

香水話もやっと出しました!
本当はパンプキン判明回に載せようとしてたもっと長かったインタビューを端折って(どんだけノリノリwww)
必要なとこだけ再利用しました(;´д`)ちょっと分かりにくいかなと思ったのですがゆくゆくちゃんと島の話で出ます
エゴイストも随分前で初期なのに懐かしいといってもらえて本当に嬉しい~❤
イアン、短い髪より長い髪の方が色気があるし愛着もあるのですがね!ころころ変えるのがイアンらしいかな?って(笑)
でもイアンを好きになってもらって嬉しいな~、
中身の脆い所は読んでくださる方と未来ダイアナしかちゃんとは知らないっていうね(・ω<)-✦

ミシェルミシェール!
すごいこの話も書きたかったせいか手が止まらなくて、文章だけ久しぶりに1話ストックができてしまいした;
予想が外れたら失踪とかwwwでも裏を返せば、それだけ自信あるってことなのでしょうが(・∀・)うふふ
本当私の話をそこまで言ってくれて本当に本当にありがとう!

イアンダイアナもある種一段落したところで、アダルト3人の過去のことを各自がどう消化してるのか、
そしてどんな感じの関係なのかじっくり書きたかったので楽しんでもらえらなた嬉しいな!////
ただし・・・次回はアレックスが大変だ(そりゃそうだwwwwww)

私からも年末ご挨拶を!本編は今年でこの話が最後になると思います^v^✿
こちらこそ仲良くして頂いて沢山の応援やコメントを頂戴して本当にありがとうございました。
私もとっても楽しい一年でアッという間でした。来年も宜しくお願いいたします、そして良いお年をお迎えください!
年末挨拶記事、書けるかなっ?!(笑)本当にありがとうございました❤
loveさんへ
ラブさん、こんにちは!
うあああ週末前にコメントに伺うぞってばっかり考えて返信するの抜けてるとか超間抜けだった私でごめんなさい!
タブレットでコメント返信ご覧になれるかな(´;ω;`)返信が間に合わなくてごめんね。
ストー○ーww本当、そこまでして待っていてくれて嬉しい!////

そして触れてくれてありがとう、年賀イアンTOP画っ✦
着物で目に紅をさすのは、こちらでもアレックスでしたことがあったし去年はアレックスだったから今年はイアン❤
肌蹴け着物+煙管+紅っていう私的ツボを盛り盛りしちゃったよね!
金箔加工は実はリテスクチャCCの時からやり方を悩んでいてね(*´∀`*)>やっと方法思いついてSSにまずはやってみました!

>イアンのこういう変な見栄を張らないところ好きだな!
ありがとう!イアンは本当に弱い柔らかいところは晒さないけれど、
物事をスムーズに進めるためには、そしてご指摘の通り自信があるからゆえに余計な飾りはないかな~と。
これだけ固定のキャラクターを長く書いていても場面や状況によって不思議と書くほどに、
キャラクター性の発見が私もあるよー。

真紀子も久しぶりに登場させたから覚えていてくれて嬉しかった///;
彼女も私の話に多い気の強い女性なんだけれど(笑)まだ彼女には可愛げを残してるつもりだったんだ、気付いてくれて嬉しい!

美術館の話、アレックスと思ってくれたのも嬉しいよ///
最近のアレックスは「画家」っていうか「愛妻家」しか描写がもうなかったから(爆笑)
エリンのかつて泥棒の能力、何かしらでいい方向に使えないかと思って、こういう形を用意してみました✿
男女のじゃないけれどイアンの愛情が形を変えて、でもちょっと旦那には聞かせられない会話っていう会話、
いつかしてもらいたかったんだ~❤(*´∀`*)
>人の気持ちを見抜く力があるよね。だからこそここまで会社が大きくできたんだろうけどね!
私自身は超凡人だけれど仕事で高い職位のひとって本当こういうのが長けてて、
いい人でかつ憎らしいくらいに操るのが上手かったんだよね/// (そしてナイスメガネのナイスミドル❤:ちょと待てw)
なのでイアンにもそういう面を持ってもらってます*^v^)>

そして食いついてくれてありがとう、夫妻の入浴シーン。
ちょwwwラブちゃんもポーズに食いつくとは!!そんなに衝撃的だったのねー!!(草多いとか平気よ!!www)
エリンの位置からだと当然、・・・ねえ?(・ω・)アレックスのアレックスが ←年末にひどすぎるww
間接的かつ直接的な感じのエリンの言い方に着目してくれてありがとう///彼女の猫っぽい感じをちょっと入れてたりしてます

>そんなところも二人の愛・互いを思う気持ちを感じられたんだけど、エリンは本当はやりたいんだよね。。。。?
>このままでいいのかなあ~><なんて私が未練タラタラです(笑)
そうそうそう!そのモヤモヤ感じを持っていただけたら私としては狙い通りです!
おうちで奥さんするのだって勿論間違いじゃないけれど、やりたいのにいいの?っていう!///

アデルの香水、ボトルはEAデフォのフツーのやつだけれどもいいんでしょうかっ!?(*>∀<)エヘヘ!!
ちょっとー!ラブさんてば褒め上手!だから興奮ついでに語っていいですか━━━━(大興奮!)
香りは食べ物系なのに安っぽくない(重要)かつイアンが好きそうな・・・ぶっちゃけ食欲とか色々そそりそうなイメージで
(直接的すぎぃ!w)実際参考にしたものがあります。Jo M/aloneの「イング/リッシュ ペアー & フリージア」!回し者かw(違うよ!www)
引用なのですが解説記事があったんですが。
「洋梨の二面性、さくっとした歯ごたえをもつ外皮と完熟のジューシーな果肉に注目(略)」
なんか、errrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr(言えてないwwwww)
「最初は爽やかながら、まろやかな印象へと変化(略)やがて甘くスパイシーなパチョリにホワイトアンバー、ムスクが寄り添う」
ラブさんが流石すぎて超絶大興奮!!!/////ホワイトアンバー入ってた、入ってたよ!すごいすごい!!!////
そして私驚愕。パチョリって何?って検索したら媚薬ってあった(爆笑)イアンガン効きじゃんかーwwww

ミシェルについては次回完全に誰なのかが判明しますが・・・続きは来年です(´・ω・`)ショボンーン ←w
まさかのラブさんからの舌打ちいただきました!我々の業界ではむしろご褒美ですけども!(キリッ

こちらこと本年仲良くしてもらってありがとうございました❤
ラブさんの綺麗なシム&SSは本当に目に嬉しくて、いつ恋愛ゲーができるのか今からとても楽しみです(あれ?願望入っちゃってない?)
来年も宜しくお願いします、そして良いお年を!
ahiruさんへ
ahiruさん、こんばんは!

イアンの仕事着、私の好きな要素が全詰めなんだけれどもahiruさんもなのね!?(爆笑)
美術が好きな人のイメージ、あるよね?wそうそう、カラヤンwwイケメン指揮者w(こらw)
流れでエリンを連想してくれて嬉し・・・
>あの事件を思い出すけど(笑
wwww そうそう、あの事件は本当重要ですよねー。イアンの最大にして最強の恥だもんねwww

>毎回思うけど、実は建築や内装がとーってもお上手だよねぇ?
えっ本当!?///どうもありがとう!///
あ、でも空港についてだけは今回初めてLOTというものをDLさせてもらいました!
空港は流石に作れなかった(;0;)

エリンの館長を応援してくれるahiruさんの言葉嬉しいです(✿^v^)
罪悪感だけでアレックスと要るわけでは勿論ないし、
彼だって彼女には自由に生きて欲しいはず(だから一度エリンから離れたんだし)

>イアンの誘い文句がプロポーズと同じってのもまたイイなぁ。
これはずっとずっとやりたいと思っていたんですよねっ///
プロポーズは笑い話ですが、アッチは笑えないです(またwww)

>おっと。りぐさん、年末に半裸晒すとか あなたヤヴァイね!
( ^ v ^ )年 末 だ か ら です(wwwwww
ww本当に皆さん全員アレックスのポーズにもれなく食いつきすぎぃ!w
エリンはガン見する時期は過ぎたのではないかと(これはひどいw)まあ結婚3年目で、見慣れ(自主規制)

アデルの記事、実際の雑誌風を意識して |ω・`*)ぽ 面白く読んでくださって嬉しい!
イアンの初期短編、懐かしいといってもらえて嬉しい///
いやイアンは今の髪型の方が人気じゃないかな?私自身も今がすきです(ちょwwww)
でも0話が短髪にしちゃったしぃ!!(こらこらw)
フルハウス!私もahiruさんに引きずられるように仕事しながら観ちゃいましたからね?(笑)
ミシェルについての予想、考えてくれて嬉しいよ~、そうです、次回はアレックスが大変です(断言www)

今年も仲良くしてくださって本当にありがとうございました✿
えろす爆発ww 男性の色気追及するahiruさんのポーズ本当好きです。
良いお年を!風邪を引くのはもはや毎月恒例です(・ω<)-✦
ハルさんへ
ハルさん、こんにちは!待っていたといってくれて本当にありがとう///

>庸一のお姉さん!いずれは私のおねえさんになる人ですね!?(全然違うw)
(^v^)・・・。ねんまつだけど、あいかわらずハルさんは、とっても二次元びっちだなぁとおもいました(小学生感想文)
真紀子のシム自体が庸一から作ったせいもあるのかな、目元は特に似せてるつもりだよ、あとスモーカーとか。
いかにもキャリアウーマン!のイメージで作ってるよ(*´∀`*)

美術館のところは私も真紀子と同じで有名どころしか見に行かないミーハー娘なので(興奮しやすい特質って感じだよねw)
ドキュメンタリーとか、ネットで調べたものから書いてるよ~。最近観た絵画関係の映画とか!
そんなもんだよー(笑)(;´・ω・)でも素人付け焼刃だし、高校で国語2とったような頭だよ・・・(ひどいwww)
>イアンは今回の話あまり乗り気じゃなかったみたいだけど、エリンの事を思いだしてからは絶対やる!って感じ
ここ実はあまり意識してなかったけれど、確かにそうなんだ。私の頭の中ではイアンとしては慈善はしたいけど
絶対美術館じゃなくちゃいけないということでもなくて、じゃ何故やるかといえばきっと要望があったからだろうと
朧気に考えてはいたんだ。
そう読み込んでくれてどうもありがとう。

エリンが平和に奥さんというのも前の話もあるのである種癒しでもあるのだけれど、
やはりそういう女性として生み出した彼女ではない、という思いは実は書き手である私もあって。
夫が絵描きで自分が美術館館長って、いいかなって(*´∀`*)

エリンのチョコ好きは間違いなく私の遺伝(笑)だよねぇ。
庸一も真紀子も表情動いたSS、いまのところ一枚もない(はず)だからねっ!あるとしても庸一のちょっと微笑んでるくらい?
外国の方って喜怒哀楽の表情がすごーく激しいじゃない?(SimsといのEA表情とか!)
それに比べると日本人の彼らは表情少ないと思われるんじゃないかと思うんだ✿
そして好きな人には言動でデレる(`・ω・´)9mビシッ でも庸一の笑顔・・・出る・・・かな?(・∀・)ニヤニヤ

そもそもエリン(とアレックス)はじっくり調べて盗みやってたろうし、
今でも2人とも芸術が好きなことは変わらないだろうから情報は常に新しく仕入れそうかなと(゚∀゚)
すると、素人なりに色々やってきた(実際動いたのは部下とかだろうけども)真紀子さん(´・ω・`)だよねぇ・・・
真紀子さんから不憫な香りがしてる私です(ちょw)

夫婦入浴は仰るとおり習慣だからねっ(笑)
うん、股間に目が行っちゃったのハルちゃんだけじゃないよね?
軒並み皆さんコメントくださってるよね?皆さん好きだよね(こらこらこらw)
アレックスは浴室とベッドの上(意味深)では隠さないよー(・∀・)そういう部分では男だよね
決して束縛してるんじゃないんだけど(他の男が絡まない限りね?w)・・・まあこれも結婚3年目の危機とかかなと。

アデルとイアンに似た物を感じてくれて良かったよ!顔においても両者は実はよく似ているからね^^;
長い髪の方が私も見慣れてしまっているし、そうそう掻き上げは重要よね/// でも0話でイアン短髪だし(´・ω・)←

『画家アレックス』は内面の自分本位が丸出しになるモードと考えてて(笑)
イライラしやすいんだよwだからお篭りしてドア前にパーテーションまで置いてるの✦
ミシェルはアレックスの!だよ!(σ゚∀゚)σ ミシェルがちゃんと何なのかは次回判明させるよ~///
何故アレックスは知らないんだろうね?(笑)

今年もこの間始まったと思ったのに、あっという間でした!
楽しんでくれてどうもありがとう///
そしてPC時間いつもどおりって羨ましいよね、私はついさっき家族が今日からもう正月休みだとついさっき知ったよ!!(蒼白!
来年もどうぞ宜しく❤良いお年を~
りぐのえるさんこんばんは^^
今回も楽しく読ませて頂きました。
色々と萌えポイントが多すぎて、リアルに「きょほっ」とか「むぎゅっ」とか変な音を出しつつ(怪)

エリンさんの胸元は相変わらずけしからんと思いました。
あ、いえ、止めて欲しいわけじゃなくむしろもっとry
でも、エリンさんの場合セクシーだけど媚び感がなく凛とした色気を感じさせます。

チョコレートがおいしそうすぎて、箱ごと持って帰ろうとしてイアンに呆れられたいです。
そして、イアンとエリンさんの信頼関係に滾りました。
真紀子さんが録音しようとするのを止めるイアンが私的にツボです。
色々な出来事を経た(出会った日のイアン・グレンツ一生の不覚も含めて・笑)同志のような関係性だなーと思いつつ読んでいました。

イアンの提案はどの方向から見ても魅力的だと思うので、是非ともエリンさんに引き受けて頂きたいところですが…
おしどり夫婦なウッドヤード夫妻の新たな一面を見た気分です。改めて愛情の「深さ」を見たような。
アレックス、実は鈍いんですね…(笑)
奥様の「やらない」の言葉に込められた深い意味を知ったら、やはり複雑に思うのではないでしょうか。

お待ちかねのミシェル君再登場。わくわく。
やはりアンドリューとは気が合うようで、メールを続けるぐらい仲良しになったのですね。
アレックスに抱き着くミシェル君がかわいすぎて困ります。
いよいよ次回、アレックスとの関係がわかるのでしょうか?(わくわく

来年もまた遊びに伺いますね。
それでは、良いお年を!
璃沙さんへ
璃沙さん、こんにちは✿

年末の忙しい時期に読み来てくださって本当にありがとうございます(*´∀`*)
萌えポイント!///今回からの夫婦編は久しぶりのアダルト3名で早速色々やっているので、
そう言っていただけて嬉しいです。

エリンの胸元はおおきすぎないギリギリを目指した大きすぎサイズなのですが、
やっぱりね・・・・ 出 さ な い と で す よ ね !
>媚び感がなく凛とした色気を感じさせます。
( >∀<)!彼女は正にそこを目指しているセクシーキャラ(のつもり!)なのでとっても嬉しい❤

このチョコレートCC、すっごい美味しそうですよね~!///
ちょw「イアンに呆れられたい」って・・・璃沙さん!?(笑)
もはやイアンがエリンにプロポーズしたのも遠い昔ですけれど、ちゃんとそれが別の愛情に
(友情であり家族愛のような!)になっているのを書きたかった今回のお話です✿
イアンの不覚!(爆笑)本当、覚えててくださって嬉しいですよ~
これがあるからイアンっていまだに私の中では不憫キャラなんですww

>おしどり夫婦なウッドヤード夫妻の新たな一面を見た気分です。改めて愛情の「深さ」を見たような。
ありがとうございます!///
円満夫婦ではあるのですが、噛み合ってそうで噛み合ってない箇所がポロポロリとあって、
今回のシーズンでは夫婦としてもめた上で(ひでえww)成長してもらおうと思っています(゚∀゚)
アレックスは自分の内面は繊細で敏感ですが、外には鈍い感じです(笑)

ミシェルですよー///もう この子の話を書きたくて書きたくて!><
アンドリューとは気があいます✿精神年齢がちょうど同じくらいというのと、
きっと生意気さ加減が合うのかもしれません(笑)
次回にはアレックスとの関係が明確に出され、またアレックスがあわわわってなりますwww

本年もお世話になりました!
来年をどうぞ宜しくお願いいたします❤良いお年を!
りぐさんおはようございます^^

今回も素敵なストーリーをありがとうございました。(〃〃)
真紀子様!!真紀子お姉様ではございませんかっ!!
ワタクシ、できる女性の見本のような、真紀子お姉様の大ファンなのでございますヨ!
そんな真紀子様が綿密?に用意した美術館長候補のリストに
颯爽と現れたエリンさんの鋭いダメ出しの嵐><!
一触即発になりかねないこの局面も、イアンさんとエリンさんのお人柄、
そして、真紀子様の理知的な対応・・・
この場にアレ様が居たらどんなブリザードが吹いていたのだろう・・・とか一瞬よぎりましたが(笑)

イアンさんが干潮へと口説き落とそうとしている時の、
>「この世界中でお前じゃないとだめなことだ」
に、クラリと来てしまいました。伊達にCEOじゃないですよね!デキル男だし、友人想いだし。
本当にいい人過ぎて・・・過去のことを思い出して泣けてくるじゃありませんか(T-T)

でも、エリンさんの事を考えて提案してくれているイアンさんの想いと、
エリンさんの、旦那さんへの罪悪感からなる想い・・・。
そして、アレ様の想いが合致して、ちゃんとわかり合える日がくると良いなぁ。
言葉が足りないのは軋轢の始まりですからね・・・(´・ω・`)
もどかしく切ないけれど、いつかエリンさんご夫婦も吹っ切れる日が来ますように・・・。
イアンさんの中に、エリンさんにもアレ様にも幸せになって欲しいという想いが根底にあるのは
伝わっているはずなので、今後の展開も本当に見逃せませんね。

ダイアナさんのお話が一段落して、今度はアレ様ご夫婦の新展開なのですね!?
ミシェルさんの正体が徐々にベールをはがしていく・・・。
この、勿体付ける(良い言い回しが思い浮かばなくてすみません><)文章の構成は正しく、神がかり!
さすがりぐさんだなぁと感嘆のため息をついてしまいました。
というか、私的にはアデルさんの事も謎なままなのでその辺りもベールがはがれてくるのを期待しつつ・・・!
今後起こるであろう一波乱が楽しみです。でも、エリンさんご夫婦なら乗り越えられるって信じてますからね♪
次回の更新も楽しみにしております^^

今年はお世話になりました!
りぐさんと知り合えて、コメやツイッターで交流出来て、本当に楽しい1年でした^^
そしてなにより、最近ますます脂ののった、りぐさんの物語や眼福しきりなシムさん達のSSに
毎回ウットリさせていただいちゃって、充実した日々を過ごさせて頂きましたヨ~!

ではでは、来年もどうぞよろしくお願い致します!
良いお年をお迎え下さいませ~^^

PS:主婦さんにとっては冷蔵庫の大掃除は大事みたいですね?(爆)私も、賞味期限切れていても、
とりあえず臭い嗅いでみますけどw
 素敵なお話しを紡がれているのですし、くれぐれも体調にはお気を付け下さいまし~(T-T)ノシ
chikoさんへ
chikoさん、こんばんは!
今回も読んでくださって、どうもありがとうございます✿

しかも真紀子を覚えててくださってっ!彼女はいかにもキャリアウーマーン!を目指していたので、
そう言っていただけると本当にとっても嬉しいです(*>∀<)
真紀子も優秀なのですが専門じゃない素人の彼女(の部下)が紹介やらを頼りに作ったリストだと
どうしても偏るのではないかなと・・・不憫な位置づけになりつつある彼女です(´;ω;`)ウッ
理知的!///
真紀子さんは仕事が成功するなら、自身の面子とかは気にしない(もしくは出さない)ので
だからこそイアンの片腕なのかもしれません(*^v^*)

今シーズン自体前シーズンと敢えて似せている箇所があるのですが、
今回の話では自パロとして、
"好意を隠さないでストレートにエリンを口説くイアン"を久しぶりに出してみました!
イアンのお人よしの真髄を感じていてだけてうれしいです///

エリンの今回の仕事のお話で、
決して誰も悪くないのに何故だか上手く行かない問題が3者の中に形になって出てきましたが
chikoさんが仰るとおり、いつかは!
きちんとパズルのピースが合うように合致して上手く行けばと思います。
上手く、いくといいな・・・っ(どきどき:ちゃんと書けるかちょっぴり不安という;)
>イアンさんの中に、エリンさんにもアレ様にも幸せになって欲しいという想いが根底にあるのは
そうなんですよー!ここにちゃんとアレックスを加えてくださって嬉しいです!
かつて愛した男としてもエリンには幸せで当然居てもらいたいし、
今や友人で将来的に(きっと)義理の兄になるであろうアレックスだって当然幸せになってほしい!
そうなんです!><

パンプキン判明によりイアンとダイアナの結末自体が確定してますので
アレックス夫妻編に入ります✿
>この、勿体付ける(良い言い回しが思い浮かばなくてすみません><)文章の構成は正しく、神がかり!
(・∀・)イヒヒ!いえいえ、とっても気持ちが伝わります!
いつも構成を褒めていただいて本当ありがとうございます、くすぐったいですがとっても嬉しい!///
次回はミシェルとアレックスのやりとりが色々あります(^皿^)クスクスクス!!
そしてアデルのことも触れていただいちゃってっ///
未来ダイアナとアデルが友人であることは今回判明しましたが、あのアデルですので、
一体どうやったら!?(笑)って思い及んでくださって・・・ありがとうございます。

本年もあとわずかとなりますが、今年はお世話になりました!
脂がのったとはっ///
でも最初から現在までのお話を全て読んでくださるchikoさんのようなブロ友さんがいらっしゃって、
本当に私は幸せ者です✿
どうぞ良いお年をお迎えください、来年もよろしくおねがいいたします。

追伸:掃除のつもりなく食べるのが問題だと思うんです(ええええええwww)
納豆とか「あとで大切に食べるんだ!(゚∀゚)」からの、あの惨事ですので・・・(遠い目
体調と冷蔵庫管理、もうちょっと気をつけます(笑)ではでは❤

Leave a Comment


Body
WEB拍手
いただく拍手が励みになってますのでボタンを「ぽち」とお願いします✿コメント機能はありません
過去の拍手コメへの返信はこちら
Count start 2014.1.1-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。